主要製品PRODUCTS

  • 用途例

  • スキャナ読取用導光棒

    スキャナ読取用導光棒

     スキャナには、読み取りエリアを照明するライン光源が必要となります。導光棒は、端面に配置されたLEDからの光を導き、細長い帯状のエリアを無駄なく均一に照明する働きをします。 均一に光を取り出すために、マイクロプリズムを導光棒の一方向に形成しますが、これは液晶バックライト導光板で培った技術を展開したものです。

    スキャナ読取用導光棒

     マイクロプリズムで反射された光は出光面のレンズ機能により集光されます。密着光学系(CIS方式)ではすでに採用されていた導光棒方式ですが、特許取得した独自の配光安定化方法と、それを実現する精密加工技術とを確立し、要求仕様が厳しい縮小光学系(CCS方式)まで採用範囲を広げました。

    スキャナ読取用導光棒

    量産体制

     金型サイズに対して製品重量が極端に小さいこと、異物混入や黄変により顕著な特性悪化が起こること、こういった導光棒成形の難点をクリアする専用成形機を設備することによって、低コスト・高品質を実現する万全の量産体制を整えております

    主要製品群

    オプトロニクス事業部への資料請求・お問い合わせはこちらからどうぞ
    CONTACT

    お問い合わせ